セカンドオピニオン

税理士のセカンドオピニオン

税理士のセカンドオピニオン

決算書作成や税務申告などの業務を行わない、顧問税理士とは別の税理士の意見を聞くことができるセカンドオピニオンという選択肢があります。

複数の税理士の違った視点から意見を聞くことは、会社経営にとって必要不可欠であり、自社の方向性についてお悩みがあれば、自分では気が付かなかった問題解決のヒントを得ることができます。

こんな方におすすめしたい

決算書の作成は税理士に任せているが、その後の経営分析や提案がない、またいつも依頼している税理士にいろんな疑問について細かく聞くことができない、向こうからも何も言ってくれないなどといった方は、セカンドオピニオンをご検討されてはいかがでしょうか。

人を変えると聞きやすくなることもあります。また、すでに他の税理士事務所と顧問契約を結んでいて税理士の変更が難しい場合も、ぜひセカンドオピニオンの活用をおすすめします。

セカンドオピニオンのメリット

セカンドオピニオンのメリット

なぜ、セカンドオピニオンが必要なのでしょうか?

それはセカンドオピニオンによって第三者の意見を聞いて経営に役立てることができるからです。独立開業後、1~2年目くらいは必要ではなくても、3年目の申告が終わると3期分の比較ができるので、そのタイミングでセカンドオピニオンを導入するとよいかもしれません。

まずは、気軽にご相談ください

はじめてのご相談は、無料で行わせて頂きます

pagetop